2016年11月03日

読書探偵作文コンクール2016 最終選考結果発表!

 お待たせしました! 読書探偵作文コンクール2016の最終選考結果を発表いたします。

 今年は111作品の応募があり、10月初旬の第1次選考で14作品が選出されました。10月31日に行われた最終選考会で、選考委員の越前敏弥さん、ないとうふみこさん、宮坂宏美さんにじっくり話し合っていただいた結果、今年の入賞作は以下の7作品に決まりました。
 入選されたみなさん、おめでとうございます!

最優秀賞 内山 満里菜さん(小6) 「「Books give big dream and hope to children」〜世界の子どもたちをつなぐ魔法〜」
最優秀賞 田中 愛麗さん(小5) 「「ふつう」はいらないワンダーランド」
最優秀賞 盛永 維さん(小3) 「グレイ・ラビットに出てくる草花」

優秀賞 S・Nさん(小5) 「『あのころはフリードリヒがいた』」 
優秀賞 渡辺 彩也乃さん(小3) 「ポリーとはらぺこオオカミのクリスマス」
優秀賞 南 和奏さん(小1) 「かわにはしがかかるといいな」

ニャーロウ賞 相良 凛さん(小1) 「ペットのきんぎょがおならをしたら。」

 
 最優秀賞受賞者には賞状と5000円ぶんの図書カード、優秀賞受賞者には賞状と1000円ぶんの図書カード、ニャーロウ賞受賞者にはニャーロウからの賞状とプレゼントを、後日お送りいたします。
 残念ながら選にもれたみなさんへも、後日、参加賞と第1次選考委員からの個別コメントをお送りいたします。
    
 当コンクールでは毎年さまざまなタイプの作文が集まりますが、今年の応募作品も実にバラエティ豊かで、選考委員一同驚かされました。例年どおり、作者や登場人物への手紙形式で書かれた作文もあれば、物語の続きやスピンオフの創作もありました。それに加えて、今年は英語の原書と翻訳本の両方を読んでの感想文や、主人公の魅力を詩にした作品もありました。また、感想文とひとくちにいっても、物語の内容を自分の経験と照らし合わせて思考を深めていった過程を丹念につづった作文、物語の魅力をロジカルに分析した論文調の作文、好きな本への愛をストレートに表現したほほえましい作文など、書き手の個性が垣間見える魅力的な作品が多数ありました。そのなかから限られた数の作品をえらぶのは大変むずかしく、残念ながら1次選考をとおらなかったもののなかにも、すばらしい作文がたくさんあったことは、ぜひお伝えしておきたいと思います。
 みなさんの作文を読ませていただき、本には多様な読み方、楽しみ方があることをあらためて感じました。応募してくれたみなさん、ありがとうございました。

マジック・ツリーハウス 第1巻恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス 1)  不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))  グレイ・ラビットのおはなし (岩波少年文庫 (004))  あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))

ポリーとはらぺこオオカミ (せかいのどうわシリーズ)  むこう岸には  ペットのきんぎょが おならをしたら……?


カンパ報告(2016年10月)

以下の方よりカンパをいただきました。
心より感謝いたします。

大門由起子さま

※カンパの詳細についてはこちらをご覧ください。

2016年10月20日

読書探偵作文コンクール2016 第1次選考結果発表!

 今年も読書探偵作文コンクールに多数のご応募をいただき、ありがとうございました。
 応募総数は111作品でした。

 お待たせいたしました。第1次選考の結果を発表いたします。
 2名の第1次選考委員でみなさんの作文をじっくり読ませていただいた結果、以下の14作品が第1次選考を通過しました。おめでとうございます!
(ご本人の希望により、一部お名前をペンネームで記載してあります。)

大恵 貴子さん (小1) 『メグむじんとうにいく』(メグとモグのおはなし3)
相良 凛さん (小1) 『ペットのきんぎょがおならをしたら……?』
日 実生さん (小1) 『ひみつの花園』
南 和奏さん (小1) 『むこう岸には』
あーちゃん さん (小2) 『ミランダの大ぼうけん』
森 小久良さん (小2) 『かえってきたクレヨン』
盛永 維さん (小3) 『グレイ・ラビットのおはなし』
吉村 琴里さん (小3) 『木のすきなケイトさん――砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし』
渡辺 彩也乃さん (小3) 『ポリーとはらぺこオオカミ』
S・Nさん (小5) 『あのころはフリードリヒがいた』
須貝 綾さん (小5) 『小公女』
田中 愛麗さん (小5) 『不思議の国のアリス』
冨本 真由さん (小5) 『ピトゥスの動物園』
内山 満里菜さん (小6) 「マジック・ツリーハウス」シリーズ全巻

 最終選考の結果は11月にこちらで発表する予定です。
 楽しみにお待ちください。

メグむじんとうにいく―メグとモグのおはなし
メグむじんとうにいく(メグとモグのおはなし3)

ペットのきんぎょが おならをしたら……?
ペットのきんぎょが おならをしたら……?

ひみつの花園 (子どものための世界文学の森 4)
ひみつの花園

むこう岸には
むこう岸には

ミランダの大ぼうけん (児童図書館・絵本の部屋)
ミランダの大ぼうけん

かえってきたクレヨン
かえってきたクレヨン

グレイ・ラビットのおはなし (岩波少年文庫 (004))
グレイ・ラビットのおはなし

木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし
木のすきなケイトさん――砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし

ポリーとはらぺこオオカミ (せかいのどうわシリーズ)
ポリーとはらぺこオオカミ

あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))
あのころはフリードリヒがいた

小公女 (岩波少年文庫)
小公女

不思議の国のアリス (岩波少年文庫 (047))
不思議の国のアリス

ピトゥスの動物園
ピトゥスの動物園

マジック・ツリーハウス 第1巻恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス 1)
恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス 1)

2016年09月28日

読書探偵作文コンクール2016 応募者のみなさんが読んだ本

コンクール応募者のみなさんが読んだ翻訳書の題名一覧です。
本の画像や詳しい情報は、選考結果発表後に順次「読書探偵の読書ファイル」のコーナーでご紹介する予定です。


赤い目のドラゴン
赤毛のアン
あのころはフリードリヒがいた
アベルの島
いじわるな ないしょオバケ
ウェズレーの国
エルマーのぼうけん シリーズ
オオカミ少年ドルフィ
おおきなかぶ
おおきな木
大どろぼうホッツェンプロッツ
おくりものはナンニモナイ
おじいちゃんがおばけになったわけ
オズの魔法使い
オズのまほうつかい
海底二万里
怪盗アルセーヌルパン
かえってきたクレヨン
かぜ ひいちゃったかな?
がちょうのペチューニア
ガディおばさんのゆうれいたいじ
きかんしゃ1414
木のすきなケイトさん―砂漠を緑の町にかえたある女のひとのおはなし
きょうりゅうが学校にやってきた
グレイ・ラビットのおはなし
黒ねこのおきゃくさま
こころのおと
5分後に意外な結末 2 青いミステリー
コロちゃんのおみまい
こんにちは、いたずらっ子エーミル
最後の授業
さかさ町
小公女
スイミー
世界で一番やかましい音
たいせつなこと
大パニック! よみがえる恐竜
大力のワーニャ
ちびドラゴンのおくりもの
チョコレート工場の秘密
チョコレートだいすき!
とうきび
動物探偵ミア ちいさな島の転校生
動物と話せる少女リリアーネ 物語の花束
としょかんライオン
トム・ソーヤーの冒険(上・下)
トム・チット・トット
ドリトル先生のキャラバン
長くつ下のピッピ
ぬすまれた宝物
ハーキン 谷へおりたきつね
ハリー・ポッターと死の秘宝(下)
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリーとうたうおとなりさん
バレエをおどりたかった馬
番ねずみのヤカちゃん
ヒックとドラゴン
ピトゥスの動物園
ひとまねこざるときいろいぼうし
秘密の花園
ひみつの花園
フクロウ物語
不思議の国のアリス
フレディ 世界でいちばんかしこいハムスター
ペットのきんぎょがおならをしたら……?
ペレのあたらしい服
ペンギンのヒナ
ペンギンはぼくのねこ
ヘンゼルとグレーテル
ぼくのつくった魔法のくすり
星の王子さま
ポリーとはらぺこオオカミ
ポルコさま ちえばなし
ほんとうのことをいってもいいの?
マジック・ツリーハウスシリーズ全巻
マジック・ツリーハウス 恐竜の谷の大冒険
マジック・ツリーハウス 南極のペンギン王国
マジック・ツリーハウス ジャングルの掟
魔女ジェニファとわたし
町かどのジム
魔法使いのチョコレート・ケーキ
魔法のゆび
ママのおなか
まよなかのだいどころ
ミオよわたしのミオ
みずたまのたび
みどりのゆび
ミランダの大ぼうけん
むこう岸には
名犬ボニーはマルチーズ
名探偵カッレくん
MEG&MOG メグむじんとうにいく
やねのうえのうかれねずみたち
ラチとらいおん
リンドバーグ
ルピナスさん
ローワンとゼバックの黒い影
ローワンと魔法の地図
ロッタちゃんのひっこし
若草物語
ワンダー

2016年09月14日

『はね』

曹文軒 文 ホジェル・メロ絵 濱野京子訳 マイティブック
______________________________

 主人公は、1まいの羽(はね)。でも、自分がどの鳥の羽なのか、わからないんですって。風にふかれてとんでいったら、カワセミがいたので、「わたしは、あなたの羽?」ってきいてみたら、ちがうっていわれたの。そのあとも、いろんな鳥に出会うたびに、「わたしは、あなたの羽?」って、きいてみるんだけど、ちがうっていわれてばかり。いったい、なんの鳥の羽なのかしら? 自分がだれなのかわからないって、もやもやするでしょうね。お話のさいごは、どうなるのかな?

 この絵本の作者は、文をかいたのが中国の人で、絵をかいたのはブラジルの人。ふたりとも、国際アンデルセン賞を受賞してるの。「小さなノーベル賞」といわれるぐらい、すごい賞なのよ。そんなビッグな2人が国境をこえて1さつの本をつくるって、ステキよね!

 そうそう、わたしプケコッコも鳥なのよ(ふふ)。くわしくは、「ニャーロウのなかまたち」のページを見てね。

(プケコッコ)

はね
   Amazon.co.jpで詳細を見る