2018年09月05日

『カランポーのオオカミ王』

ウィリアム・グリル作 千葉茂樹訳 岩波書店
______________________________

 『シートン動物記』の「オオカミ王ロボ」をもとにした絵本です。

 絵本とはいえ読みごたえたっぷり。話をしっていても、思わずひきこまれます。
 この本では、ロボとの壮絶な戦いを終えたシートンのその後まで描かれていて、そこも読みどころです。

 見開きいっぱいに広がる赤茶けた平原。そこを走るオオカミの群れ。コマ送りのように描かれた、愛するブランカをさがしまわるロボ……。
 絵と文の両方で、オオカミ王の世界をふかく感じられる作品です。
 
 (コアラン)

カランポーのオオカミ王
   Amazon.co.jpで詳細を見る

『モルモットオルガの物語』

マイケル・ボンド作 おおつかのりこ訳 いたやさとし絵 PHP研究所
______________________________

 この本の主人公は、オルガ・ダ・ポルガというモルモットの女の子。
 オルガはある日、ペットショップからオガクズ一家のもとへやってきます。ハリネズミやカメやネコの友だちもできて、ときどきトラブルもあるけど、オルガの毎日にはわくわくがいっぱい! 

 オルガはお話をつくるのがとくいなのですが、そのお話がとってもユニーク。モルモットが遠い昔にしっぽをなくしてしまったお話なんて、きっとあなたの想像をこえていると思いますよ。オルガはとびきり想像力ゆたかなモルモットなのです。
 
 本を読み終えるころには、きっとあなたも、おちゃめなオルガのことがだいすきになっているはず。オルガのお話をもっと知りたかったら、つづきの『オルガとボリスとなかまたち』も読んでみてくださいね。
 
 (コアラン)

モルモットオルガの物語
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2018年02月18日

『大森林の少年』

キャスリン・ラスキー作 ケビン・ホークス絵 灰島かり訳 あすなろ書房
______________________________

 みなさん、お久しぶり。プケコッコです。今年の冬はすっごく寒いね。でも、わたし、雪国にあこがれてるから、雪を見るとうれしくなっちゃう。

『大森林の少年』は、雪の森の絵がすてき!と思って、手にとった絵本よ。

 読みはじめて、びっくり。なんと、いまからちょうど100年前の冬のお話だったの。アメリカのミネソタ州では、悪性のインフルエンザが大流行して、たくさんの人が死んだんですって。10歳の男の子、マーベンは、インフルエンザがうつる心配のないところへ、たったひとりで送られるの。そのころは、いいお薬がなかったから、遠くへいくしかなかったそうよ。

 行った先は、ふかいふかい雪の森。マーベンは、きこりたちの作業場で、お給料の計算をまかされるの。算数が得意なマーベンは、その仕事をりっぱにやってのけ、あらくれもののきこりたちとも、なかよくなっていくのよ。

 まっ白な雪の大地にうつる青いかげが、なんともすてき。やっぱり雪景色って、きれいだな、あこがれちゃうな。でもわたし、じつは寒さに弱いの。だから絵本で楽しむわ。たくましく育っていくマーベンを、見まもりながらね。みなさんも、読んでみてね!


 (プケコッコ)

大森林の少年
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年09月21日

バクのバンバン、町にきた

ポリー・フェイバー作 クララ・ヴリアミー絵 松波佐知子訳 徳間書店
______________________________

 モルモットのモットです。はじめてみなさんに本をご紹介したいと思います。

 このお話の主人公は、人間の女の子マンゴーとバクのバンバン。みんなは、バクって動物、知ってる? わたしたちモルモットはネズミの仲間なんだけど、バクはウマの仲間なんですって。

 マンゴーとバンバンがであったのは、マンゴーが住む町の横断歩道。車の音をトラの声だと思っておびえていたバンバンを、マンゴーが助けてあげたの。その日からふたりは大親友に! おくびょうでおっちょこちょいのバンバンは、いつもさわぎを引きおこしてばかり。マンゴーは、そんなバンバンのいちばんの味方なんだよ。
 でも、マンゴーがクラリネットをうまく吹けずにおちこんだときには、バンバンが歌を歌って、はげましてあげたんだ。

 ふたりの友情がとってもすてきで、わたしも友だちを大事にしようって思ったよ。

 2巻の『バクのバンバン、船にのる』も、ぜひ読んでみてね! ピンチをのりこえて、ふたりはますます仲良しになるよ!

 (モット)

バクのバンバン、町にきた
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年09月06日

『ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?』

ナディーヌ・ロベール文 グウェンダル・ル・ベック絵 ふしみみさを訳 BL出版
______________________________

 これは、とおくから見ていただけじゃ、ほんとうのことはわからないっておはなし。だれかから聞いたことを、たしかめもせずにそのまましんじたら、しっぱいするかもしれないっておはなし。

 ある日、ちびっこゴリラは、おじいちゃんにたのまれて、おつかいに行ったの。それだけのことなのに、とおくからようすを見ていたサルたちは、ちびっこゴリラがどろぼうをしたり、ほかの動物をいじめたりしていると、そろいもそろってかんちがいしてしまうのよ。かわいそうなちびっこゴリラは、みんなにおいかけられて、大ピンチ! いったい、どうなってしまうのかしらね。

 この絵本には、ゴリラのほかにも、サルのなかまがたくさん出てくるわ。サルたちのおもしろい顔やしぐさにも注目よ。

 (キャット)

ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?
   Amazon.co.jpで詳細を見る