2018年02月18日

『大森林の少年』

キャスリン・ラスキー作 ケビン・ホークス絵 灰島かり訳 あすなろ書房
______________________________

 みなさん、お久しぶり。プケコッコです。今年の冬はすっごく寒いね。でも、わたし、雪国にあこがれてるから、雪を見るとうれしくなっちゃう。

『大森林の少年』は、雪の森の絵がすてき!と思って、手にとった絵本よ。

 読みはじめて、びっくり。なんと、いまからちょうど100年前の冬のお話だったの。アメリカのミネソタ州では、悪性のインフルエンザが大流行して、たくさんの人が死んだんですって。10歳の男の子、マーベンは、インフルエンザがうつる心配のないところへ、たったひとりで送られるの。そのころは、いいお薬がなかったから、遠くへいくしかなかったそうよ。

 行った先は、ふかいふかい雪の森。マーベンは、きこりたちの作業場で、お給料の計算をまかされるの。算数が得意なマーベンは、その仕事をりっぱにやってのけ、あらくれもののきこりたちとも、なかよくなっていくのよ。

 まっ白な雪の大地にうつる青いかげが、なんともすてき。やっぱり雪景色って、きれいだな、あこがれちゃうな。でもわたし、じつは寒さに弱いの。だから絵本で楽しむわ。たくましく育っていくマーベンを、見まもりながらね。みなさんも、読んでみてね!


 (プケコッコ)

大森林の少年
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年09月21日

バクのバンバン、町にきた

ポリー・フェイバー作 クララ・ヴリアミー絵 松波佐知子訳 徳間書店
______________________________

 モルモットのモットです。はじめてみなさんに本をご紹介したいと思います。

 このお話の主人公は、人間の女の子マンゴーとバクのバンバン。みんなは、バクって動物、知ってる? わたしたちモルモットはネズミの仲間なんだけど、バクはウマの仲間なんですって。

 マンゴーとバンバンがであったのは、マンゴーが住む町の横断歩道。車の音をトラの声だと思っておびえていたバンバンを、マンゴーが助けてあげたの。その日からふたりは大親友に! おくびょうでおっちょこちょいのバンバンは、いつもさわぎを引きおこしてばかり。マンゴーは、そんなバンバンのいちばんの味方なんだよ。
 でも、マンゴーがクラリネットをうまく吹けずにおちこんだときには、バンバンが歌を歌って、はげましてあげたんだ。

 ふたりの友情がとってもすてきで、わたしも友だちを大事にしようって思ったよ。

 2巻の『バクのバンバン、船にのる』も、ぜひ読んでみてね! ピンチをのりこえて、ふたりはますます仲良しになるよ!

 (モット)

バクのバンバン、町にきた
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年09月06日

『ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?』

ナディーヌ・ロベール文 グウェンダル・ル・ベック絵 ふしみみさを訳 BL出版
______________________________

 これは、とおくから見ていただけじゃ、ほんとうのことはわからないっておはなし。だれかから聞いたことを、たしかめもせずにそのまましんじたら、しっぱいするかもしれないっておはなし。

 ある日、ちびっこゴリラは、おじいちゃんにたのまれて、おつかいに行ったの。それだけのことなのに、とおくからようすを見ていたサルたちは、ちびっこゴリラがどろぼうをしたり、ほかの動物をいじめたりしていると、そろいもそろってかんちがいしてしまうのよ。かわいそうなちびっこゴリラは、みんなにおいかけられて、大ピンチ! いったい、どうなってしまうのかしらね。

 この絵本には、ゴリラのほかにも、サルのなかまがたくさん出てくるわ。サルたちのおもしろい顔やしぐさにも注目よ。

 (キャット)

ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年09月04日

『ノラのボクが、家ネコになるまで』

ヤスミン・スロヴェック作 横山和江訳 文研出版
______________________________
 
 ネコは自由気ままな動物だっていうわよね。たしかに、読書探偵ニャーロウも、わたしも、自由をこよなく愛してるわ。

 このおはなしに出てくるノラネコくんも、気ままなノラのくらしがさいこうだと思ってたんですって。なのにどうして、「家ネコ」なんかになっちゃったのかしら?「ヒト」はうっとうしいし、わがままだから、家族になるなんてかんがえられないって、いってたくせに。

 でも、やさしそうな女の子のむねの上でまるくなってる表紙のノラくんは、とってもうれしそう。その顔を見てたら、「ヒト」をあいぼうにするのもいいかなって気がしてきちゃった。わたしも「必殺ウルウルおめめ」で、だれかのハートをいとめちゃおうかしら。

 (キャット)

ノラのボクが、家ネコになるまで
   Amazon.co.jpで詳細を見る

2017年08月19日

『あたしのクオレ』

ビアンカ・ピッツォルノ作 関口英子訳 岩波少年文庫
______________________________
 
 4年生になったプリスカのクラスの担任になったスフォルツァ先生は、勉強にもおぎょうぎにもきびしいけれど、金持ちの子にはあまくて、親にもおべっかをつかいます。貧しい家の子はきらいで、とても貧しい落第生2人にいたっては、あの手この手をつかって、クラスから追い出そうします。

 先生のそんなところが許せないプリスカは、弁護士をしているお父さんに相談しました。でも、お父さんは協力してくれず、大人になんて、なにも期待しちゃいけないんだと思うのでした。そこで、仲よしのエリザ、ロザルバに協力してもらって、1年間かけて先生と戦っていきます。

 第二次大戦直後のイタリアの話ですが、クラスメートと対立したり、勉強でなやんだり、好きな人にときめいたりするようすは、意外と身近に思えるかも。

 (ことり)

あたしのクオレ(上)
   Amazon.co.jpで詳細を見る
あたしのクオレ(下)
   Amazon.co.jpで詳細を見る