2019年09月16日

『その魔球に、まだ名はない』

エレン・クレイジス作 橋本恵訳 あすなろ書房
______________________________

 ケイティは草野球チームのエースです。リトルリーグにスカウトされ、入団テストに受かったのに、女の子だとわかったら、ことわられてしまいました。かよわい女子には野球はむりだというのです。

 なっとくできないケイティは、図書館で調べて、かつて女性の野球選手が何人もかつやくしていたことを知ります。また、日系やアフリカ系のクラスメートの話から、差別されているのは女性だけではないことも知ります。

 ときは1957年。人間がまだ月に行っていなかったころの、アメリカのお話です。

 (ことり)

その魔球に、まだ名はない
  Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。