2019年08月25日

『貸出禁止の本をすくえ!』

アラン・グラッツ作 ないとうふみこ訳 ほるぷ出版
______________________________
 
 エイミー・アンは小学校4年生の女の子。本を読むのが大好きで、特に『クローディアの秘密』がお気に入り。とても内気で、言いたいことがあっても口にできず、つい三つ編みのさきっぽをしゃぶってしまいます。

 図書室で何度も借りていた『クローディアの秘密』が、ある日、借りることができなくなってしまいました。小学校の図書室に置くにはふさわしくない本だとされてしまったのです。

 司書のジョーンズさんにたのまれて、エイミー・アンは、教育委員会の会議で『クローディアの秘密』が好きでたまらない理由を話すことになります。でも、結局、何も言えず、三つ編みのさきっぽをしゃぶるだけでした。

 ふさわしくないとされる本はどんどんふえていき、図書室のたなから次々と本が消えていきます。はたしてエイミー・アンは、三つ編みのさきっぽをしゃぶるのをやめることができるのでしょうか?

 (ことり)


Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。