2017年09月06日

『ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?』

ナディーヌ・ロベール文 グウェンダル・ル・ベック絵 ふしみみさを訳 BL出版
______________________________

 これは、とおくから見ていただけじゃ、ほんとうのことはわからないっておはなし。だれかから聞いたことを、たしかめもせずにそのまましんじたら、しっぱいするかもしれないっておはなし。

 ある日、ちびっこゴリラは、おじいちゃんにたのまれて、おつかいに行ったの。それだけのことなのに、とおくからようすを見ていたサルたちは、ちびっこゴリラがどろぼうをしたり、ほかの動物をいじめたりしていると、そろいもそろってかんちがいしてしまうのよ。かわいそうなちびっこゴリラは、みんなにおいかけられて、大ピンチ! いったい、どうなってしまうのかしらね。

 この絵本には、ゴリラのほかにも、サルのなかまがたくさん出てくるわ。サルたちのおもしろい顔やしぐさにも注目よ。

 (キャット)

ちびっこゴリラ、ほんとうに ほんとう?
   Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。