2016年08月20日

『お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話』

母袋夏生編訳 岩波少年文庫
______________________________

 この本には、ユダヤ教をしんじる「ユダヤ人」っていう人たちが語りついできた民話が30こ以上も集められているんだ。

 どれも日本の昔話とは、ちがうふんいき。
 グリム童話ににてるかんじの話もあるな。
 2、3ページのみじかい話もまじってるから、きがるに読んでみるといいぜ。

 あ、『お静かに、父が昼寝しております』っていう本のタイトルは、なかに入ってる民話のタイトルでもあるんだ。へんてこだよなー。話もへんてこで、おもしろいよ。

 それとこの本、民話のあとに、聖書の話も6つ入ってる。これも、かたくるしくなくて、楽しめるぜ。

 (ニャーロウ)

お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話
   Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。