2014年08月11日

『いぬはてんごくで…』

シンシア・ライラント作 中村妙子訳 偕成社
______________________________

 犬ぞくのみんな、こんにちは。きょうは犬の絵本をしょうかいするよ。

 犬は人間よりも、じゅみょうがみじかい。いつもいっしょにいる、なかよしの犬も、いつかはしんでしまう。

 もし、そうなったら、とってもかなしいし、さびしいよね。しんだあとも、なまえをよべば、しっぽをふりながら、こっちへ走ってきそうな気がしてたまらない。

 てんごくへ行った犬は、どうしているのだろう。おわかれした人間のことを、わすれちゃうんだろうか。この絵本をよめば、「よかった」と、きっと安心できるんじゃないかな。

 (なんばワン)

いぬはてんごくで…
   Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。