2014年08月05日

『しあわせの子犬たち』

メアリー・ラバット作 若林千鶴訳 むかいながまさ絵 文研出版
______________________________

 犬ぞくのみんな、元気? きょうも犬が出てくる本をしょうかいするよ。

 これは、きょねんの読書探偵作文コンクールに、おうぼがあった本です。犬の本をよんでくれて、ありがとう!

 おばあちゃんちにいる、コリー犬のエルシーは、もうすぐ赤ちゃんがうまれそう。しずかに、安心してうめるように、おばあちゃんとエリザベスはひみつの隠れ家(かくれが)をつくることになったよ。いろいろな工夫(くふう)をして、どうやらエルシーも気にいったみたい。

 さて、いよいよ子犬がうまれる! うまれた子犬たちのもらい手を見つけるのも、おばあちゃんとエリザベスのだいじな仕事(しごと)。子犬をしあわせにしてくれる人じゃなきゃだめだからね。いい飼い主(かいぬし)さんにであえるかな。

 (なんばワン)

しあわせの子犬たち (文研ブックランド)
   Amazon.co.jpで詳細を見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。