2021年01月01日

こちらは「読書探偵作文コンクール 小学生部門」の公式サイトです。

2020年01月15日

読書ファイル2019 その1【冒険・ミステリー】

 ページを開けば、見知らぬ世界や謎解きが待っています。スリリングな気分を味わいたいときにぴったり!

『エルマーのぼうけん』
『エルマーとりゅう』
『大どろぼうホッツェンプロッツ』
『宝島』
『ぺちゃんこスタンレー』
『はじまりの島』(マインクラフト)
『黒ネコの絵のひみつ』(名探偵テスとミナ4)
『地底探検』

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ) エルマーとりゅう (世界傑作童話シリーズ) 大どろぼうホッツェンプロッツ (偕成社文庫 (2007))

宝島 (10歳までに読みたい世界名作) ぺちゃんこスタンレー マインクラフト はじまりの島 (MOJANG OFFICIAL PRODUCT)

名探偵テスとミナ 黒ネコの絵のひみつ

★『地底探検』N・カストレ作(『世界探検名作集』ヒラリー編/塩谷太郎訳/あかね書房)

読書探偵の読書ファイル2019

 このコーナーでは、「読書探偵作文コンクール2019」の応募者のみなさんが読んだ本をジャンル別にご紹介します。
 お好みのジャンルのページで、それぞれの本の画像をクリックしてごらんください。
 Amazon.co.jpのサイトで詳しい情報がごらんになれます。
※Amazon.co.jpで現在取扱いのない書籍につきましては、書誌情報を掲載しています。

その1 【冒険・ミステリー】

2019年12月14日

【お知らせ】参加賞を発送しました&参加賞クリアファイル2019

「読書探偵作文コンクール2019」にご応募くださったみなさま、ありがとうございました。
12月5日付で、応募者全員への参加賞を発送いたしました。
第1次選考委員からのコメントも同封しています。

「読書探偵作文コンクール2019」の参加賞は、このクリアファイルです。
IMG_20191214_0002.jpg IMG_20191214_0001.jpg

ご応募くださったみなさま、すでにお手元に届きましたでしょうか。
応募したのに届いていない、という方は、事務局までご一報ください。

なお、このサイトをスマートフォンでご覧の方は、もくじの「事務局からのお知らせ」内「プロフィール」欄に、事務局のメールアドレスが掲載されていますので、ご参照ください。

2019年12月10日

読書探偵作文コンクール2019 優秀賞・ニャーロウ賞 全文掲載

 優秀賞を受賞なさった盛永維さん、相良凜さん、棚瀬準三さん、ニャーロウ賞を受賞なさった相良杏さんの作品全文をご紹介いたします。
 なお、最終選考結果につきましては、以下の記事をご覧ください。
読書探偵作文コンクール2019 選考結果発表!

(注:応募者の作文は原則としてそのまま掲載していますが、表記ミスと思われるものを一部修正している場合があります。――読書探偵作文コンクール事務局)
______________________________

◎優秀賞
盛永 維さん(小6)

読んだ本――『記憶の国の王女』 ロデリック・タウンリー作 布施由紀子訳 徳間書店
記憶の国の王女
記憶の国の王女

【作品】
「読むというすてきな冒険」


「来たぞぉぉぉぉ! 読者だ!」オレンジ色の鳥がそう叫んで、高く舞い上がりました。
「ほぉぉぉんが開くよぅぅ!」ウシガエルがうめくように言いました。「開くよぅぅぅ! ほぉぉぉんが開くぅ!」
 登場人物たちは、閉じていた本の中で、持ち場のページを移動して生活していた。彼らは、本を開く読者を待っていたのだ。そして、このかけ声で自分の登場するページに大急ぎ向かって行く。『とてもすてきな大きなこと』という本は、このかけ声で物語が始まる。本の中に出てくる本の主人公シルヴィ姫は、ある日読者のクレアが本を開いたまま眠ってしまった時、その夢の中に入りこんでしまう。そして、クレアのおばあさんでこの本の最初の読者、藍色の目の女の子に出会う。しかし、本は火事で焼けてしまい、シルヴィたちは物語に登場する魚に乗って、再びクレアの夢の中に逃げる。それから、シルヴィたちは藍色の目の女の子に助けられ、山で生活を始める。一方新しい王国では、道化師のピングリーが王になり王国は荒れてしまう。そして、シルヴィたちもクレアの夢の中にだんだんと出てこなくなり、クレアも年老いていく。そこでシルヴィはクレアの心の中に入り、本のことを思い出させる。それから、クレアの娘のリリーの夢の中に入ったシルヴィは、リリーに新しい物語を作ってもらい、新しい王国を作り上げる。
 この本を読んで、シルヴィ、藍色の目の女の子、クレア、リリーにとっての『とてもすてきな大きなこと』とはどのようなことか考えてみることにした。
 シルヴィは、王国を抜け出して、新しい世界を冒険するのが大好き。クレアの夢の中に入り、いっしょにどろんこになったり、岩から落ちて目の見えないフクロウに助けてもらったり。シルヴィは、本が開くと、生き生きと動き出す。そのため外の世界の危険を知っていても、冒険することが彼女にとって『とてもすてきな大きなこと』なのだ。
『とてもすてきな大きなこと』の最初の読者、藍色の目の女の子は、この本をとても気に入り、何度も何度も繰り返し読んだ。シルヴィはきっとその時読者を本の中から見上げてしまい、きれいな藍色の目が印象に残って、藍色の目の女の子と呼んでいるのだろう。おばあさんになっても、孫のクレアにこの本を読んでもらうのは、小さいころ持っていたシルヴィへのあこがれが忘れられないからだ。そして、クレアがこの本のことを大人になっても覚えていたのは、二人がこの時間をとても大切にしていたからだろう。二人にとっての『とてもすてきな大きなこと』は、この本を読むことだった。それから、クレアの娘リリーもクレアの話を聞いていくうちにこの本を好きになっていった。そして、リリーにとって『とてもすてきな大きなこと』である作家という仕事で改訂版『とてもすてきな大きなこと』を書き、夢に大きく近づくことができた。この本は、長い年月を経て、何代にもわたって家族をつないだのだ。
 記憶は、実際に存在する物でも、空想で作り上げた物でも、その記憶の持ち主が、他の人につなぐことができれば、永遠に残される。それでもきっと、初めの持ち主の記憶とは大きく変わってしまっているだろう。けれど、記憶の持ち主が他の人につなぐことができなければ、それまで長い間受けつがれてきた記憶が途切れてしまうのだ。この本が元の題名『とてもすてきな大きなこと』ではなく『記憶の国の王女』になったのは、多くの読者の記憶をつないだシルヴィを通して、この本を読む私たちに記憶が受けつがれるということの素晴らしさを伝えるためではないかと思う。
 私にとっての『とてもすてきな大きなこと』を見つけるために、私はまた本を開く。
______________________________

◎優秀賞
相良 凜さん(小4)

読んだ本――『名探偵テスとミナ 黒ネコの絵のひみつ』 ポーラ・ハリソン作 村上利佳訳 文響社
名探偵テスとミナ 黒ネコの絵のひみつ
名探偵テスとミナ 黒ネコの絵のひみつ

【作品】
「プラムチェスター新聞」


画像_名探偵テスとミナ_rev.jpg
______________________________

◎優秀賞
棚瀬 準三さん(小2)

読んだ本――『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』『エジソン ネズミの海底大冒険』 トーベン・クールマン作 金原瑞人訳 ブロンズ新社
リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険         アームストロング: 宙飛ぶネズミの大冒険
リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険 アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険
エジソン ネズミの海底大冒険
エジソン ネズミの海底大冒険

【作品】
「すばらしい発明家」


 ぼくは、先生の大好きな本を読んだ。『リンドバーグ』、『アームストロング』、『エジソン』っていうよ。

 『リンドバーグ』
 ぼくのゆめは、パイロット。だから、小ネズミが空をとべるか、ずっとドキドキしっぱなし。小ネズミは、かしこいから、部品をいっぱいさがして、道具をいろいろつかった。
 そして、ぼくの大すきなひこうきを、一人で作ったんだ。
 フクロウは、ネズミを食べるから、小ネズミをねらっていた。雨の方が、フクロウがいない。すがたもかくれる。だから、小ネズミは、がんばってりりくした。
 目的地までとんだ、いのちしらずのパイロットは、とってもかっこよかったよ。

 『アームストロング』
 ぼくは、たんさきの「はやぶさ2」がすき。だから、小ネズミの作るロケットに、とってもワクワクした。またまた、かしこい小ネズミ。部品をいっぱいさがして、道具をいろいろつかった。そして、ロケットを、一人でかんせいさせたんだ。
 「ひゃー。」
 人間と犬においかけられたけど、ギリギリセーフで、はっしゃさせた。
 月から石を一つ持ち帰った、ゆう気あるうちゅうひこうし。かしこいネズミには、できないことはないんだね。

 『エジソン』
 ぼくの家にも、魚がたくさんいるから、表紙を見ただけで、ワクワクした。またまた、またまた、かしこい小ネズミ。部品をいっぱいさがして、道具を色々つかった。そして今度は、二ひきで力を合わせて、せん水かんを作り上げたんだ。魚の形にしたのは、魚をびっくりさせないためかな。
 海のそこまで行けた、ゆうかんなせん水し。とっても、ほこらしい。
 やっぱり、きみは、すばらしい発明家だね。次は、何を作るのかな。今度、こっそり、ぼくに教えに来てね。

IMG_mouse_1.jpg IMG_mouse_2.jpg

IMG_mouse_3.jpg

IMG_mouse_4.jpg IMG_mouse_5.jpg

IMG_mouse_6.jpg IMG_mouse_7.jpg
______________________________

◎ニャーロウ賞
相良 杏さん(小2)

読んだ本――『すてきって なんだろう?』 アントネッラ・カペッティ文 メリッサ・カストリヨン絵 あべけんじろう、あべなお訳 きじとら出版
すてきって なんだろう?
すてきって なんだろう?

【作品】
「すてきってなんだろう?」


画像_すてきってなんだろう?.jpg
______________________________

 優秀賞を受賞なさったかたには賞状と1000円ぶんの図書カードを、ニャーロウ賞を受賞なさったかたにはニャーロウからの賞状とプレゼントを、来春開催を予定している授賞式で贈呈いたします。
 あらためて、おめでとうございます!

2019年12月01日

読書探偵作文コンクール2019 最優秀賞 全文掲載

 最優秀賞を受賞なさった森小久良さん、蛭田モモさん、小八重琴子さんの受賞のことばと作品全文をご紹介いたします。
 なお、選考結果につきましては、以下の記事をご覧ください。 
読書探偵作文コンクール2019 選考結果発表!

(注:応募者の作文は原則としてそのまま掲載していますが、表記ミスと思われるものを一部修正している場合があります。なお、このページの作品は絵入りや詩の形式などレイアウトに特徴があるため、作文の画像も掲載しています。――読書探偵作文コンクール事務局)
______________________________

◎最優秀賞
森 小久良さん(小5)

読んだ本――『囚われちゃったお姫さま』パトリシア・C・リーデ作 田中亜希子訳 東京創元社
囚われちゃったお姫さま―魔法の森〈1〉 (sogen bookland)
囚われちゃったお姫さま

【受賞のことば】
「え? 本当?」受賞したと聞いた時、すぐに信じられなくてとてもびっくりしました。すごくうれしかったです。私は本を読むのは大好きだけど、文章を書くのが苦手です。だから、本当に面白い本なのにこの本の楽しさが伝わったかどうか心配でした。でも、受賞して面白さ、楽しさが伝わったんじゃないかなと安心しました。ありがとうございました。これからもワクワクする本を読んでいきたいです。

【作品】
「夢中になっちゃった 五年生」


 私の住んでいる街に、去年大きな図書館が開館しました。本棚が奥までずらっと並んでいて、その間や窓ぎわに沿ってたくさんの机といすがあります。そこでゆっくり本を読むことができます。私のお気に入りの場所は、外国の本の棚の奥にある、丸い柱の周りをくるりと囲んでいるベンチです。
 その日も柱にもたれて、大好きなちょっと怖い本を読んでいました。顔を上げた時、目の前の本棚に並んでいる分厚い本が気になりました。
  囚われちゃった
  お姫さま
 背表紙の題名が二行で書かれるくらい厚いのです。でも、色がとてもかわいかったので、すぐ手に取っていました。表紙には、元気そうな女の子とドラゴンが描かれています。ドラゴンの目にはまつ毛があるので、きっと女の子のドラゴンに違いない!表紙を見たとたんに夢中になっちゃったのです!
 このお話は、誰でも思い浮かべるおとぎ話の世界ですが、登場するお姫様や王子様がちょっと変なのです。お姫様として必要なあらゆるたしなみの勉強なんて、退屈でうんざりしているシモリーン。こっそり剣術、魔法、ラテン語、料理などお姫様らしくない事をしていると、ハンサムなだけで退屈な王子と結婚させられそうになります。もちろんシモリーンは逃げ出して、自分からドラゴンの囚われの姫になってしまいました。だってドラゴンの囚われの姫になるのって、カンペキに尊敬される行為だから!!
 さて、この後は当然いろいろな事が起こります。登場人物達が個性的で思わずニヤリとしてしまうのです。なぜかというと、有名なおとぎ話のエピソードがたくさん散りばめられていて、それに気づいたときになんだか嬉しくなっちゃいます。私が、特に気に入っているのは『巨人の三つの願い』のところ。シモリーンの賢さには驚くばかりです。「年とって寿命で死ぬ」なんて、おとぎ話には出てこないでしょう。それで全員納得できるように話をまとめてしまうのですから。
 アリアノーラが囚われの姫になったいきさつなんて、いったいいくつのお話が隠れているの! 普通石になったら動けないのに、石の王子は動けてるし! そんなありきたりでないワクワクする展開が繰り広げられていきます。
 この本を、めいっぱい楽しむには「どれだけ元ネタのお話を知っているか?」だと思います。この楽しさは一度読んだだけではわからないでしょう。私は、お姫様の物語をたくさん読んだけどこんな物語もあるなんて……もっともっとお姫様の本を探して読みたいです。そうすると、またこの本を読んだ時に新しいネタを発見できるかもしれません。でもその前に、まずはこのお話の続きです。実は『魔法の森』シリーズはあと3冊あります。まだまだ私の楽しい時間は終わりそうにありません。
 最後に、これからこの本を読もうと思っている人にアドバイスです。休み時間の教室では絶対に読まないで下さい。読んでいる時のあなたの顔は絶対にニヤニヤしているはずです。ひょっとしたらおかしな声を出して笑ってしまうかもしれませんよ。友達から変な目で見られるかもしれないので、読む時は気を付けて下さいね。

IMG_princess_1.jpg
IMG_princess_2.jpg
IMG_princess_3.jpg
IMG_princess_4.jpg

※4枚目イラスト部分
IMG_princess_5.jpg

______________________________

最優秀賞
蛭田 モモさん (小3)

読んだ本――『スガンさんのヤギ』アルフォンス・ドーデ文 エリック・バテュー絵 ときありえ訳 西村書店
スガンさんのヤギ
スガンさんのヤギ

【受賞のことば】
 さいゆうしゅうしょうのおしらせを聞いて、わたしもお母さんもおどろきました。とてもうれしいです。『スガンさんのヤギ』をよんで、いちばん心にのこっているのは、スガンさんがかえるようによんだのに、ブランケットはかえらないで、おおかみとたたかって、くわれてしまったことです。そのときの、ブランケットのきもちをかきました。

【作品】
 「よかったの、ブランケット」


 つまらなかったね、
 ブランケット。
 かこいの中で、
 くいやひもにつながれて、
 山をながめながら、
 くさをたべていた。

 よかったね、
 ブランケット。
 スガンさんのところから
 だっしゅつできて。

 よかったね、
 ブランケット。
 小さな女王のように
 むかえられて
 森じゅうがうっとりした。

 よかったね、
 ブランケット。
 かもしかたちに
 一ばんいいのぶどうを
 わけてもらった。

 よかったの、
 ブランケット。
 かぜがつめたくなって
 山のむこうで
 とおぼえがきこえた。

 よかったの、
 ブランケット。
 スガンさんの
 ラッパがさけんでいる。

 よかったの、
 ブランケット。
 かいぶつのようなおおかみが
 たたかうまえから
 あじみをしている。

 たいへんだったね、
 ブランケット。
 一ばんじゅう
 10回いじょうも
 ゆうかんに
 つのでたたかった。

 でもたべられてしまった。

 くやしかったね。
 かなしかったね。

 よかったの、
 ブランケット。

IMG_goat_1.jpg
IMG_goat_2.jpg
IMG_goat_3.jpg

______________________________

◎最優秀賞
小八重 琴子さん(小1)

読んだ本――『詩ってなあに?』ミーシャ・アーチャー作 石津ちひろ訳 BL出版
詩ってなあに
詩ってなあに?

【受賞のことば】
 ママに「さいゆうしゅうしょうだよ」ってきいたとき、びっくりして、パッとでんきがついたみたいに、おでこがあつくなりました。それから、だんだんうれしくなって、おどってしまいました。
 わたしは、おはなしするのはじょうずじゃないけれど、さく文は、ゆっくりかんがえてかけるのがいいです。この本をよんで、ほかにもたくさん詩をつくりました。これからも、いろんな本をよみたいです。

【作品】
   詩をつくる

 「詩ってなあに?」というえほんをよんで、わたしも詩をつくってみたくなった。えほんでは、ダニエルがこうえんのいきものに「詩ってなあに?」ときいていた。そしたら、クモとかリスとかカエルが、こんなふうにこたえた。
 詩っていうのは、
・あさつゆのきらめき
・おちばのかさこそとなるおと
・ぴょんっととびこみたくなる
 ひんやりとしたみず
 ほかにもいろいろないきものが詩のことをおしえてくれて、わたしは、いいなぁとおもった。うちには、キキくんというさかながいるけど、ぜんぜんしゃべらない。だから、きくかわりによくかんさつした。そうしてつくったのが「キキくんの詩」です。

   キキくんの詩

 しっぽは くさみたいに
 やわらかそう
 からだは あかとむらさきで
 きらっとひかる
 すいすいおよいで ストップ
 すいすいおよいで ストップ
 ほねは ひらがなの
 「へ」のかたち

IMG_poem2_1.jpg
IMG_poem2_2.jpg
IMG_poem2_3.jpg

_____________________________

 最優秀賞を受賞なさった3人のかたには、来春開催を予定している授賞式で、賞状と5000円ぶんの図書カードを贈呈いたします。
 あらためて、おめでとうございます!